春夏秋灯河芸店がオープンしたのは平成6年。お店のある河芸町がまだ安芸郡と呼ばれていた頃でした。
三重のあんしん食材を使用した春夏秋灯のらぁめんには、
「お召し上がりいただいた皆様にほっと一息、ほっこりしていただきたい」
創業者のそんな願いが込められています。
前身となる「ペリカンのらぁめん」創業時から伝わるその味には優しいだけじゃない、
熱い熱い熱量がそこにはあります。
その理由は中華鍋を使用した調理方法によるものだけではありません。
調理に込められた熱い想いです。
ほっと一息、ほっこり優しい一杯をぜひご賞味ください。
春夏秋冬、暖かな灯りを絶やさず皆さまのご来店を心よりお待ちしております。